キャメロン監督の『ターミネーター:ニュー・フェイト』エドワード・ファーロングが復帰!

  • ブックマーク
ターミネーター

11月8日に日本公開予定

ターミネーターに最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」が11月8日に日本でも公開予定ですが、1,2作目の監督だったジェームズ・キャメロン監督が復帰して「T2」の正式な続編と話題になっています。

記事によると…

7月18日、米パラマウントピクチャーズがジェームズ・キャメロン、リンダ・ハミルトン、そしてアーノルド・シュワルツェネッガーという布陣で製作される映画『Terminator:Dark Fate(邦題 ターミネーター:ニュー・フェイト)』のビハインド・ザ・シーン映像を公開、そして米サンディエゴデカい最中のComic-Conでは、製作総指揮のジェームズ・キャメロンが、ジョン・コナー役としてエドワード・ファーロングが復帰するとアナウンスしました。『ターミネーター』シリーズは、ジェームズ・キャメロンが監督した初期2作での成功のあと、キャメロン監督が離れたあとに制作された3本の続編は、いずれも単体で観れば良くできた作品にも思えるものの、初期2作ほどのインパクトや満足感を観客に与えられないまま、28年もの時間が過ぎてしまいました。

しかし、2017年初頭にジェームズ・キャメロンが、『2』以降手放していた『ターミネーター』の権利を再取得する予定であること、そして2017年9月にはキャメロンが関わる新作が正真正銘『2』の続編となること、さらにストーリーの中心人物の一人であるサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンの『2』以来となる出演が決まりました。今年5月には、はじめての予告編も公開され、嫌が応にも期待は高まっています。

https://japanese.engadget.com/2019/07/19/terminator-furlong/

動画で確認

Twitterの声

  • ブックマーク