ジャニーズ事務所が元SMAP出演しないようテレビ局へ圧力か公取委が独占禁止法違反注意

  • ブックマーク
元SMAPの3人

公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)につながる可能性がある

元スマップでジャニーズ事務者を退所した稲垣吾郎さんと草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人を番組に使わないよう、ジャニーズ事務所がテレビ局に圧力をかけていたようですね。

記事によると…

 アイドルグループ「SMAP」の解散後にジャニーズ事務所(東京)から独立した元メンバー3人について、同事務所がテレビ局などに対し、番組に出演させないよう求めていた疑いがあり、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)につながる可能性があるとして、同事務所を注意していたことが関係者の話でわかった。

 芸能人の事務所移籍を巡り、公取委が注意をするのは初めてとみられる。

 SMAPは2016年12月に解散。5人のメンバーのうち、稲垣吾郎さんと草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が17年9月、ジャニーズ事務所から独立した。現在は新たに設立された事務所で活動している。

 関係者によると、ジャニーズ事務所は民放テレビ局などに対し、3人を番組で起用しないよう要請。従わない場合、同事務所の所属タレントをそのテレビ局に出演させないことを示唆するなどした疑いがあるという。

 公取委は、同事務所の関係者らから事情を聞くなどして調査を進めていた。その結果、独禁法違反とまでは認定できなかったが、違反につながりかねない状況が確認できたとして、今月に入り、同事務所を注意したという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190717-OYT1T50277/

Twitterでも話題

  • ブックマーク