トイレに薬物流せば「覚醒剤ワニ」も、米テネシー州で警察が注意喚起

  • ブックマーク
ワニ和に

覚醒剤で興奮した動物が過去数週間の間に何匹もいた

川でワニに遭遇するだけでも怖いですが、もしそのワニが「覚醒剤ワニ」だったら…

記事によると

(CNN)米テネシー州ロレットの警察が住民に対し、覚醒剤などの違法薬物をトイレや洗面台に流さないよう呼びかけた。下水に薬物が混入すれば「覚醒剤ワニ」ができてしまう恐れがあるとしている。

「下水道の担当者は、川の水よりもさらにきれいな水を放出することを誇りとしている。だが覚醒剤に対応できる状況にはない」。ロレット警察はソーシャルメディアへの投稿でそう指摘した。「カモやガンなどの鳥類は、われわれの貯水池に頻繁に飛来する。全部が覚醒剤で興奮したらと考えると恐ろしい」

この投稿は、メタンフェタミンなどの薬物を自宅で下水に流そうとしていた容疑者を警官が発見したことを受け、13日にフェイスブックに掲載された。

今回は容疑者が逮捕されたものの、同警察によれば、これは同市にとって大きな問題になりつつある。下水道に入った薬物は貯水池に流れ込み、いずれ河川に放出される。

そうなれば、ショール川にすむワニが薬物を摂取してしまう恐れもあると警察は述べ、覚醒剤で興奮した動物が過去数週間の間に何匹もいたと伝えている。

薬物は処方薬も含め、適切に廃棄するため警察に持ち込むようロレット警察は呼びかけ、トイレに流してはいけないと訴えている。

https://www.cnn.co.jp/usa/35139943.html

Twitterでも話題

  • ブックマーク