フェイスブックが仮想現実のSNS「ホライズン」を2020年開始と発表!β版への参加可能

  • ブックマーク
ホライゾン

Facebook、「セカンドライフ」のようなVRワールド「Horizon」を「Oculus Quest」などで来年スタート

米国フェイスブックは仮想現実(VR)端末向けの新たなSNS(交流サイト)「ホライズン」を2020年に始めると正式発表しました。

記事によると…

 米Facebookは9月25日(現地時間)、AR/VR関連イベント「Oculus Connect 6」で、「Oculus Quest」と「Oculus Rift」で参加できるVRワールド「Facebook Horizon」を発表した。2020年に登場の予定だ。

 米Linden Labが2002年に公開した「Second Life」を彷彿とさせるVRワールドだ。

 Facebookは2016年のOculus Connectでアバター機能を発表し、2017年のF8でソーシャルVRアプリ「Facebook Spaces」を発表した。Horizonは「仮想空間とコミュニティについてこれまでに学んだことの集大成」という。

 遠くにいる友人とのアバターでの会話やゲームプレイ、映画鑑賞などを楽しめる他、仮想世界での新しい出会いも叶う。

 まず自分に似せたアバターを作成し(上半身だけで動く)、「テレポッド」で公共空間に参加する。用意されたゲームをプレイできるだけでなく、「マインクラフト」のようにツール(World Builder)を使って世界を構築して公開することもできる。

ITmediaNews

 

動画で確認

『Welcome to Facebook Horizon』

Horizonのβ版への参加はこちら

 β版特設ページはこちら

Twitterでも話題

ネット上の声

海外では普及するかもしれないが
今や日本でのFBは年齢層が上がっているし
若い世代もFBやるならインスタやTwitterに流れるだろうから
日本では普及は難しいかもしれないね。
今や日本でのFBは高齢者の趣味自慢的な場所になりつつあり、ネットリテラシーが低いユーザーが多いことから、AFSアドバンス等の詐欺被害等の温床にもなりそうかな。。。

アラフォー、妻子持ち、発売日にクエスト購入。 表向きは次世代コミュニケーション、それでいいです。 ただし水面下でアダルトVRの普及と動画プレイヤーの 規格整備も進めなければならない。 それは歴史を見ても必要なことだとわかるはず。 また今まで担いの対策として、外界の視覚聴覚が 遮断されるので、私のような妻帯者がどのように プライバシーを確保しながら動画を視聴するのかという 問題も最重要課題として取り組んでいただきたい。

今は否定的な意見が多いかもしれないが、10年後には必要不可欠な存在になっていると思う

VRゴーグルが眼鏡のような軽さ手軽さになってきたら一気に普及すると思う
今はまだ重たいので現実逃避までいかないんだよなぁ

  • ブックマーク