ローソンのサーバーへ不正攻撃!ホームページとアプリを一時停止

  • ブックマーク
ローソン

ローソンHPとアプリが一時停止 サーバーに不正攻撃

記事によると…
 コンビニ大手「ローソン」は公式ホームページと公式アプリのサービスを一時停止したと発表しました。24日午後8時ごろ、システムを管理するサーバーに対し、不正な攻撃が確認されたためです。ローソンによりますと、現在、不正攻撃をした発信元の解明と防御策の対応をしている最中だということです。ホームページやアプリのサービス再開のめどは立っていません。 テレ朝news

Twitterでも話題

ネット上の声

 
キャッシュレスが普及すると、こんな攻撃も増えてくるんだろうな
 
防衛のためにサービスを停止するのは、顧客情報を漏洩するよりはよほどマシ。 勿論、どちらもないに越したことはないけど。 業界最大手のセブンイレブンの対応がショボかったから、 犯罪者たちがコンビニ業界が狙い目だと思ったのかな?
 
で、個人情報は漏れたの?そこ大事なこと。
 
クレジットカード会社は昔からハッカーと戦い続けて、かなりの経費を割いている。 今流行の決済サービスを導入した企業にはその覚悟はあるのかな
 
アプリ自体にどんな脆弱性があっても、Suicaやnanacoのような非接触媒体型ICで直接決済させればなんの不安も無い。 裾野を広げる意味で、バーコードやOR決済、そして、アプリ内でのログインなどさせたいのだろうが日本のセキュリティ環境では無理だと思います。中国などの人権を重視しないような監視社会でないと不可能ですよ。 コンビニなどのアプリが狙われるのは、アプリ内で決済が可能だからです。ネット環境で使用させたい思惑や、データ収集が目的だろうが、リスクが大きすぎる。 欲を出さずに、コンビニやノウハウの無い会社はアプリ決済やアプリログインから撤退するのが一番無難ですよ、ICチップ決済という日本だけで独自進化した決済方法を使えばいいのに、これほど単純明快なシステムはない。
  • ブックマーク