名門FCポルトへ移籍した中島翔哉に森保代表監督も複雑…「書や中島」(笑)

  • ブックマーク
中島翔也

中島に柴崎ベテラン川島がOA枠入りするのは既定路線だった

2020年東京オリンピックのサッカー日本代表に、OA枠で出場が”既定路線”と言われていた中島翔也選手ですが、ポルトガルの名門FCポルトへ移籍したことでFCポルト側からは出場を拒否されるのではないかと、森保一日本代表監督も気を揉んでいるのかもしれませんね。

記事によると…

 日本代表MF中島翔哉(24)のポルトガル1部名門ポルトへの移籍が決まり、中島の商品価値の高さが話題を呼んだ。

 中東カタールのアルドハイルから移籍。ポルトは今後の移籍金(移籍解除金)を100億円に設定したと地元で報じられた。ついに中島も、大台の「100億円男」の仲間入りを果たしたというワケだ。その中島と一緒にコパ・アメリカ(南米選手権)に参戦した森保ジャパンの中軸をなしたMF柴崎岳(27)、GK川島永嗣(36)が、23歳以下代表で臨む2020年東京五輪のオーバーエージ(年齢制限なし=OA枠)として出場するのでは――ともっぱらだ。

「コパのメンバー23人のうちで東京五輪世代が18人。残り5人はOA枠を見越した上での招集だった。森保監督は、OA枠選手を早めに決めて五輪チームの土台をつくっていきたいと決めており、コパで存在感を示した中島に柴崎、そしてベテランGK川島がOA枠入りするのは既定路線だった」(サッカー関係者)

 ところが中島のポルト入りで雲行きが怪しくなった。中島が欧州を代表するビッグクラブであるポルトのレギュラーとして活躍すれば、ポルトが<選手の強制拘束力のない>東京五輪に「貴重な戦力であるナカジマを出したくない」と拒否するのは自明の理だからだ。

「ポルトはリーグ優勝28回を誇り、欧州CLと欧州ELを2回ずつ制覇している。当然クラブ上層部は、名門中の名門という強烈なプライドを持っている。東京五輪の開催期間は来年7月24日~8月9日。欧州各クラブはシーズン直前の最終調整の時期に当たり、23歳以下代表の五輪サッカーを格下と思っているポルト上層部が、中島の五輪代表招集に反対するのは火を見るよりも明らかです。森保監督もポルトで活躍して欲しい、いや目立たないでいてくれ……と複雑な胸中でしょう」(サッカー関係者)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/257988

FCポルトの中島翔也選手紹介のツイート

「書や中島」が笑えます!
誰も指摘しないのかなぁ?

  • ブックマーク