ドコモ最大4割値下げ「ギガホ」「ギガライト」の注目点まとめ!6月1日から新料金

  • ブックマーク
ドコモ

値下げの主役は「家族割」の拡充

ドコモの「最大4割値下げ」をうたう新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」がいよいよ本日(6月1日)から提供開始となります。注目ポイントを抜粋してご紹介します。

まず、最大4割値下げをうたっていますが、4割値下げとなるのはデータ容量が1GBの人だけ。それ以外は最大でも3割の値下げ幅にとどまります。

また、値下げの主役は「家族割」の拡充です。つまり、単身でドコモに加入しているユーザーは、新プランの恩恵をそれほど受けられません。具体的には、ドコモを契約する家族の数に応じて、同じ家族グループ内の契約が2回線なら500円、3回線以上なら1000円が、全員の通信料金から毎月割り引かれます。また、ドコモ光とのセット契約で1人あたり1000円が追加で割り引かれ、1人あたり最大で毎月2000円お得になります。

▲4割値下げとなるのはデータ容量1GB未満のユーザーのみ

新プランのうち「ギガホ」は月間30GBまで高速通信でき、上限を超えても最大1Mbpsで通信できるプラン。「ギガライト」は7GBまでの段階制定額プランです。料金はそれぞれ月6980円~、2980円~ですが、上記の割引などが複雑なため、正確な料金はシミュレーターで計算することをオススメします。

・新料金プラン(料金シミュレーション)

・旧料金プラン(料金シミュレーション)

なお、新プランでは月々サポートが廃止となり、スマホの本体代金に対する値下げはありません。このため、ドコモは端末を3年割賦で購入し、3年目以降に端末を返却することで以降の残債を免除する「スマホおかえしプログラム」を導入。また、端末そのものの本体価格も『粗利を努力して』(ドコモ談)引き下げるなどして、新端末を購入する際の負担を軽減しています。

https://japanese.engadget.com/2019/05/31/4/

Twitterの声

  • ブックマーク