「伝説の走り屋」吉田栄一が逮捕!フェラーリ限定車の販売詐欺で

  • ブックマーク
ラ・フェラーリ

2013年に発売された「ラ・フェラーリ」 ©共同通信社

かつては人気漫画「湾岸ミッドナイト」にも登場

「吉田らはモナコの50代資産家男性に、世界で500台しかない『ラ・フェラーリ』を『特別なルートで仕入れることができる』と嘘をつき、16年までに4回にわたり代金を受け取った。しかし、2年経っても納品されないので男性が不審に思い、同署に相談していました。吉田は18年にもポルシェの限定車『ポルシェ918』を売ると言って、8500万円をだまし取った疑いでも起訴されています」

ラ・フェラーリはフェラーリ初のハイブリッド車で、現在は3~4億円で取引されるマニア垂涎(すいぜん)の車だ。ポルシェ918も同様で、素人がおいそれと入手できるものではない。だが、吉田には「特別なルート」があると思わせるだけの経歴が備わっていた。

 吉田は車雑誌のインタビューなどにもよく登場していたが、露出は活字に止まらない。公道でのカーレースを描いた累計1700万部超の人気漫画「湾岸ミッドナイト」にも登場。主人公のライバルが乗る黒いポルシェ「ブラックバード」のモデルが吉田のポルシェだったという。
https://bunshun.jp/articles/-/11943

Twitterの声

  • ブックマーク